中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

株価の暴落スタートが暗示するネズミ年「リスク繁盛」とは

公開日: 更新日:

 2019年の大納会で「掉尾の一振」は全く見られず、日経平均株価は大陰線(安値引け)で終え、新春の投資環境を先読みしたように見えた。

 事実、おとそ気分の正月3日、トランプ米大統領は、IS掃討作戦などを指揮したイラン革命防衛隊の司令官を、イラクのバグダッドで空爆により殺害。イランは報復を示唆したが、トランプ大統領は報復には大規模な反撃を表明した。

 北朝鮮は、先月の党中央委員会総会で対米強硬路線に転じ、核実験やICBM(大陸間弾道ミサイル)発射再開を示唆。予期せぬ地政学リスクの高まりで、新年早々、原油や金の先物価格は急騰。ドル円は一時1ドル=107円台に突入した。

 この情勢を受けて6日の大発会は、寄り付きから大量の売り注文を浴び、日銀のETF大量購入にもかかわらず日経平均株価は記録的な暴落となった。翌7日の株価は自律反発も先行きは見通せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  10. 10

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る