狙われた三菱電機 大規模サイバー攻撃で防衛機密の流出も

公開日: 更新日:

 サイバーセキュリティー事業を強化している三菱電機が、サイバー攻撃の被害に遭っていた。社内調査で、本社や主要拠点などが大規模攻撃を受け、機密性の高い防衛関連や、電力や鉄道など社会インフラ関連の重要情報が幅広く流出した恐れがあることが分かったという。20日の朝日新聞が報じた。不正アクセスの手口などから、主に防衛関連の機密情報を狙う中国系サイバー攻撃集団「Tick(ティック)」が関与した可能性がある。

 調査は昨年6月から進められ、これまでに少なくとも国内外の120台超のパソコンや40台超のサーバーに不正侵入された形跡を発見。防衛省や内閣府、原子力規制委員会など10を超える政府機関のほか、電力や通信、鉄道など数十社の民間企業に関する情報が流出した可能性がある。

 不正アクセスは中国にある関連企業から始まり、国内の拠点に拡大。乗っ取ったアカウントを使い、社内ネットワークに侵入、機密情報に触れる権限を持つ中間管理職層のパソコンにアクセスして得た情報を送信用の端末に集約して数回に分けて外部に送信していたとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る