新型肺炎で中国人客激減…地方の百貨店が恐れる“次の大沼”

公開日: 更新日:

 ざっと見積もって約840億円を“失った”わけだ。

 日本旅行業協会が3日に公表した訪日中国人観光客のキャンセル数、3月末までで約40万人との見通しに衝撃が走っている。

 同協会が観光ビザの取得に必要な「身元保証書」の作成枚数から推計したところによると、中国政府による海外への団体旅行の禁止措置が始まった1月27日から3月末までの「身元保証書」の発行枚数は約40万人分あるといい、3月末まで禁止措置が続く場合、このほぼすべてがキャンセルになる見込みという。

 観光庁が1月17日に公表した「訪日外国人消費動向調査」(2019年暦年)によると、中国人観光客の1人当たり旅行支出金額は約21万円。キャンセルするとみられる約40万人の中国人観光客が昨年並みに消費したと推計すると、消費総額は約840億円になる計算なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る