新型肺炎で中国人客激減…地方の百貨店が恐れる“次の大沼”

公開日: 更新日:

 ざっと見積もって約840億円を“失った”わけだ。

 日本旅行業協会が3日に公表した訪日中国人観光客のキャンセル数、3月末までで約40万人との見通しに衝撃が走っている。

 同協会が観光ビザの取得に必要な「身元保証書」の作成枚数から推計したところによると、中国政府による海外への団体旅行の禁止措置が始まった1月27日から3月末までの「身元保証書」の発行枚数は約40万人分あるといい、3月末まで禁止措置が続く場合、このほぼすべてがキャンセルになる見込みという。

 観光庁が1月17日に公表した「訪日外国人消費動向調査」(2019年暦年)によると、中国人観光客の1人当たり旅行支出金額は約21万円。キャンセルするとみられる約40万人の中国人観光客が昨年並みに消費したと推計すると、消費総額は約840億円になる計算なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る