山形の老舗百貨店「大沼」自己破産を招いた3つの問題点

公開日: 更新日:

 経営再建を目指していた業歴320年の山形の老舗百貨店「大沼」が27日、山形地裁に自己破産を申請した。26日の営業終了後、山形本店など全3店舗を閉鎖。大沼は1700年創業で、松坂屋、三越に次ぐ全国3番目の老舗とされる。

 Eコマースや昨年10月の消費税10%引き上げなどに伴い業績が悪化していたというが、これは百貨店という業態だけの問題ではない。まちづくりに詳しい地域政策デザインオフィス代表理事の田中信一郎・千葉商科大学准教授は3つの問題を指摘する。
 
■業態の問題だけではない

「まず一般論として百貨店という業態自体が時代に合わなくなっているというのが最大の原因です。景気がいい悪いという話とは切り離したほうがいい。ニーズにあわなければ、お客さんは来なくなります。顧客から選ばれなくなっているのに、業態の変換を遅らせてきました。業態がいいかどうかは置いておいてイオンなどの大きな郊外型ショッピングモールは人が来ます。高度成長のときには百貨店に人はきた。それは当時に合っていたのです。いまは残念ながら百貨店全体が不振におちいっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  8. 8

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  9. 9

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  10. 10

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る