4万件超す最悪ペース 2019年の“隠れ倒産”高止まりの不気味

公開日: 更新日:

 “隠れ倒産”ともいわれる企業の廃業・休業・解散が高止まりしている。

 東京商工リサーチの「休廃業・解散企業」調査によると、2019年は4万3348件だった。前年に比べ7・2%減少しているものの、4万件を超す最悪ペースに変わりはない。企業の休廃業・解散は06年に2万件を突破し、13年に3万4800件と初めて3万件を超えた。16年には4万件に達し、18年は史上最悪の4万6724件となった。

「休廃業とは反対に、倒産件数は減少を続けていました。リーマン・ショックのあった08年にプラスに転じましたが、それ以降の10年間はずっとマイナスでした。その分、隠れ倒産(休廃業)が急増してきたのです」(市場関係者)

 その隠れ倒産が19年は減少に転じた。一方、減少を続けてきた倒産件数は11年ぶりに増加したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    弁護士・三輪記子さんは“浮気率6割” 独身時5人交際し3人と

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る