大沼含め115件 新型肺炎が招く百貨店倒産ラッシュの現実味

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大は、日本経済にも大きな脅威だ。中でも「冬の時代」が長引く百貨店。最近は訪日客の爆買い頼みだっただけに、弱り目にたたり目である。

 人口減少に加えて、ネット通販や専門店の攻勢など逆風の中、百貨店業界はジリ貧だ。

 27日、創業320年の老舗百貨店「大沼」(山形市)が倒産し、山形県から百貨店が消えた。昨年は伊勢丹の相模原店など少なくとも9店舗が閉店。この先も「そごう・西武」は、今年から来年にかけて神戸市や徳島市など5店舗、「高島屋」も今年、神奈川県の店舗を閉めることが決まっている。東京商工リサーチの集計によると、2000年以降の百貨店の倒産は大沼を含め115件に上る。

 もともと、苦しい業界なのだが、とりわけ昨年から今年にかけ、厳しさが増している。消費増税と暖冬だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る