新型肺炎で景気減速 世界利下げ競争に黒田日銀打つ手ナシ

公開日: 更新日:

 日銀の黒田東彦総裁は4日の衆院予算委で「(SARSの時より)影響が大きくなる可能性も意識する必要がある」と語った。世界2位の経済大国、中国発新型肺炎の感染拡大は、世界経済に深刻な影響を与えつつある。

 中国では春節明け以降も、稼働再開するか不透明な工場は少なくない。世界に広がるサプライチェーン(供給網)の混乱は避けられない。13億人の消費にもブレーキがかかる。そこで、早くも各国は「利下げ」による景気対策を打ち出しているが、マイナス金利が続く日銀に利下げの余地はなく、急激な円高の可能性もある。

 中国人民銀行(中央銀行)は3日、一部の金利を引き下げた。近く、タイ中銀やフィリピン中銀も利下げを発表する予定だ。豪州、インドなどでも利下げ圧力が高まっている。

 米国も利下げ再開の観測が広がっている。政策金利の市場予想を示す「Fedウオッチ」によると、2日の時点で連邦準備制度理事会(FRB)が7月までに利下げする確率は70%、年内の利下げは90%近くに達している。再選を狙うトランプ大統領も利下げ圧力を強めるはずだ。新型肺炎の拡大が長期化すれば、米国の利下げは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る