たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

定期購入者急増で再度ストップ高の「ファーマフーズ」

公開日: 更新日:

 当欄で1月中旬に紹介したファーマフーズ(2929)が2月4日に再度ストップ高を演じた。同社のリリースがきっかけで、今期(2020年7月期)発売の育毛剤「ニューモ」は1月末に定期購入者が7.5万人を突破、10月末の3万件から3カ月間で4.5万件増加。他の商品もあわせた定期購入者は、前期(2019年7月末)が約12.2万件、10月末16万件、12月末20万件、1月末は25万件と驚異的な伸びになっている。

 同社は、ニワトリのタマゴから独自成分を抽出した膝関節用サプリメント「タマゴサミン」を主力商品としてきたが、オールインワン化粧水の「珠肌ランシェル」が「COSMERIA of the Year」の大賞を受賞。また白髪染め「カラーフォーム」も今注文しても発送は4月と、人気商品が続出している。

 育毛剤「ニューモ」も、タマゴ由来のペプチドを成分にしており、ニワトリはタマゴから孵化する期間がわずか21日間、毛も“ふさふさ”になるように、タマゴには育毛効果に優れた成分を含んでいるようだ。筆者も試したいのだが、入手困難でしかも使用開始から少なくても半年は継続して使用することが勧められており、間に合わないかも?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る