日本電産・関次期社長 売上高10兆円に「くらくら」で転身

公開日: 更新日:

「だまされたつもりで来い。必ず幸せにしてやる」

 日本電産創業者で経営トップの永守重信会長(75)にこう口説かれ、関潤氏(58)は30年以上勤めた日産自動車から日本電産への転身を決断した。4月1日に社長に就任し、永守氏が示す「2030年度に売上高10兆円」の目標実現に向け、「一緒に道をつくる」と意気込みを語った。

 後継者問題が長年にわたる課題となっている日本電産。関氏は昨年12月、日産の副最高執行責任者(COO)に就任し、経営の立て直しを託されたが、「10兆円、一緒にやるぞ」という永守氏の言葉に「くらくら来た」。この熱意が「(転身を決める)一番のポイントだった」と笑顔で振り返る。

 古巣への愛着は今も強い。慕ってくれた社員もいたが「最後のわがままと決めて決別してきた。申し訳ないと思うが、後悔は全くない」ときっぱり。日産ではエンジン開発など生産技術畑を長く歩み、米国駐在を経験し、中国の合弁会社のトップも務めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る