姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

ひめだ・こなつ 上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。中国、アジアを現地取材、日本でも各地を回りインバウンドがもたらす変化を追う。著書に「インバウンドの罠」(時事通信出版局)他。「ダイヤモンド・オンライン」などでコラムを連載中。アジア・ビズ・フォーラム主宰。

日本企業も悲鳴 春節が明けても従業員が戻ってこない!

公開日: 更新日:

 店が開けられない――春節明けの中国で悲鳴が上がっている。当局の規制により人の移動が禁止され、帰省した従業員が帰ってこられない事態が起こっているのだ。

 工場の稼働も危ぶまれる。ホンダは武漢の四輪車工場の再開を14日以降に延期したが、問題はその先だ。人口1100万人といわれる武漢市からは、春節と新型肺炎の感染を恐れ、500万人が離れたといわれている。果たして従業員は戻ってくるのか。

 ホンダ系列の中国工場で総経理(社長)を務めた経験のあるAさんは「従業員は地元武漢市民とは限らない。武漢以外の地方出身者も多いが、感染を嫌ってほとんど戻ってこないのではないか」と話す。そうなると、一から人材を募集しなければならないが、「人材確保は絶望的」(Aさん)だ。

 中国で好調といわれている日本勢。ホンダは昨年、中国で156万台を生産、7年連続で過去最高を叩き出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る