無料配布も…前代未聞「初版100万部ビジネス書」の皮算用

公開日: 更新日:

出版業界に一石を投じたい

 この年末年始、自宅の郵便受けを開けて「ギョッ」とした人も少なくないだろう。身に覚えのない本が投函されていたからだ。手に取るとカバーに「100万部突破!!!」という数字が踊る、ジェームス・スキナー氏の「史上最強のCEO」。経営者向けのビジネス書のようだ。

 ツイッターなどのSNSでも、突然ポスティングされたこの本について驚きの声が拡散されている。

 なにより出版不況のこのご時世、初版で100万部も印刷しているのは本当なのか。そして、無料配布をした理由は何か。2018年創業の版元、フローラル出版の担当者に話を聞いた。

「ジェームス・スキナーさんは、実売250万部の『7つの習慣』を日本で広めた経営コンサルタントです。親日家であるスキナーさんは今の日本企業の状況を憂えていて、その状況を少しでも変えるには経営者が変わらなくてはいけないという想いでこの本を出版しました。通常、書籍は3000~4000部からスタートすることが多いですが、一緒に本づくりをして行くなかで、『7つの習慣』を超える本にしていきたいと。そこで、『初版100万部で行かないか』とスキナーさんから提案されました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 2
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  3. 3
    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

  4. 4
    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

  5. 5
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  1. 6
    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

  2. 7
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  3. 8
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  4. 9
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  5. 10
    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ

    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ