帝国データ調査は7年ぶり低水準 2月景況感「大幅に悪化」

公開日: 更新日:

 帝国データバンクが今週4日に発表した2月の景気動向調査によると、企業の景況感を示す景気動向指数(DI)は前月比3・2ポイント低下の38・7と、2013年1月以来、約7年ぶりの低水準となった。悪化は5カ月連続。肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大による国内経済への悪影響が幅広い業種や地域に及び、マイナス幅が大きくなった。

 前月まで「後退局面が続いている」としていた景気判断については、「大幅に悪化した」に引き下げた。

 業種別では、中国からの訪日客減少などで大量の予約キャンセルに見舞われた「旅館・ホテル」が15・3ポイント低下と過去最大の落ち込み幅を記録。「飲食店」も8・7ポイント低下した。全国10地域のうち、落ち込み幅が最も大きかったのは九州の3・7ポイントで、観光業に依存する沖縄県の景況感悪化が響いた。

 帝国データは国内景気の先行きについて、「新型ウイルスなどリスク要因も多く、緩やかな後退が続くとみられる」としている。

 新型コロナウイルスが自社の業績に及ぼす影響に関する調査では、63・4%の企業が「マイナスの影響がある」と回答。「影響はない」が16・9%、「プラスの影響がある」は1・7%にとどまった。

 調査は2月14~29日、企業を対象にインターネットを通じて行い、全国約1万社から回答を得た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず