新型肺炎高級魚取引にも打撃 ノドグロやウニが2割超割安に

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大で、水産物の取引にも悪影響が出ている。東京・豊洲市場では観光客の減少などでホテルや外食業界の仕入れが落ち込み、高級魚が軒並み値下がりしている。

 同市場のマグロ売り場では、最上級の国産天然クロマグロの相場が低迷。訪日観光客の減少などで「2月は来客が昨年より3割も減っている」(東京・銀座の人気すし店)など、外食店が仕入れを抑えているためだ。

 ノドグロとも呼ばれるアカムツやウニなどの高級品も値下がりが目立つ。新型コロナの問題が現在ほど深刻化していなかった1月に比べ、いずれも2~3割は安くなったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る