新型肺炎高級魚取引にも打撃 ノドグロやウニが2割超割安に

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大で、水産物の取引にも悪影響が出ている。東京・豊洲市場では観光客の減少などでホテルや外食業界の仕入れが落ち込み、高級魚が軒並み値下がりしている。

 同市場のマグロ売り場では、最上級の国産天然クロマグロの相場が低迷。訪日観光客の減少などで「2月は来客が昨年より3割も減っている」(東京・銀座の人気すし店)など、外食店が仕入れを抑えているためだ。

 ノドグロとも呼ばれるアカムツやウニなどの高級品も値下がりが目立つ。新型コロナの問題が現在ほど深刻化していなかった1月に比べ、いずれも2~3割は安くなったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る