たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

相場低迷中が狙い目 ボトム圏で買いたいファーマフーズ!

公開日: 更新日:

 当欄で注目し続けているファーマフーズ(2929)。株価は600円台から1400円近くまで駆け上がったものの、コロナ騒動と今期(20年7月期)の第2四半期決算が市場想定以下だったため、先週は2度のストップ安に見舞われた。

 3月6日発表の第2四半期の決算は、売上高は前年同期比24.4%増の64.52億円となったが、営業利益はマイナス15.8億円。第1四半期の営業赤字7.84億円から赤字倍増となり、多くの投資家の失望を誘った。

 営業赤字は前年同期比で12.97億円増となったが、広告宣伝費を上期に47.52億円(前年同期比17.07億円増)を投入したことが主因。同社は、もともと広告宣伝費を上期に7割投入する方針を掲げている。育毛剤ニューモの反響が非常に良かったこともあり、売上高の7割を超える広告宣伝費の水準となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

もっと見る