たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

コロナ騒動でネットでの出会いが増加? 婚活サービスのIBJ

公開日: 更新日:

 筆者は約3年半前から婚活サービスのIBJ(6071)を紹介している。株価は大きな波動を伴いながらも、600円台から1400円近辺まで順調に上昇してきた。

 残念ながら、最近の新型コロナウィルス騒動で、過去3週間で1400円弱から、900円前後まで急落中も、今後もネットサービスによる結婚は増加するはずで、押し目買いのチャンスを探したい。

 2月14日に発表された前期(19年12月期)決算は、売上高29.3%増、営業利益58.4%増と、M&Aの貢献があったことを考えても絶好調であった。

 今期は、巡航速度ともいえる売上高10.9%増、営業利益20.5%増を予想している。

 ネット経由の結婚は、日本ではまだ10%強といわれているが、米国では結婚するカップルの3分の1が同種のサービスが出発点と言われており、また世界中では毎月2億人がデジタル・デートサービスにより出会っているそうで、国内でも今後利用率は確実に上昇するのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  5. 5

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  6. 6

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  7. 7

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  8. 8

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  9. 9

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  10. 10

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

もっと見る