杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

サンダース・ショックに襲われた米ユナイテッドヘルス

公開日: 更新日:

 まさに、ショック安の“大安売り”である。NYダウは激しい乱高下を繰り返している。

 9日は2013ドル安の下落幅を記録、それが10日は一転し、1167ドル高の上昇幅(急騰)を演じた。12日は、2352ドル安と過去最大の値下がりだった。いや~、忙しい。年初以来のマーケットはコロナショック、サンダース・ショックに加え、オイルショックだ。今回のオイルショックはかつてのケース(中東戦争→供給不安)と異なる。

 協調減産失敗による原油価格の急落(1バレル=30ドル割れ)が産油国の財政を圧迫。オイルマネーがSWF(政府系ファンド)の圧縮(株式売り)に動くのではないか、と危惧されている。もちろん、世界景気の後退は原油需要を減少させるだろう。

 これはコロナショックの余波だ。ちなみに、サンダース・ショックとは急進左派のバーニー・サンダース候補の躍進をイヤ気したもの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る