たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

配当利回り6%台半ばに「いちごグリーンインフラ投資法人」

公開日: 更新日:

 今回のコロナ騒動、信じられない事がいくつも起きている。

 第一にパンデミック発生地の武漢市。初期対応の稚拙さで市長が習近平総書記の側近に交代させられたが、新市長はコロナ騒動後の総書記の武漢初訪問を前に、総書記に感謝する運動を提唱したものの、市民の反対で運動を封印したと伝えられている。

 第二にタイ。観光客の3割は中国人と言われ、昨年は約1200万人に達したと思われる。しかし、3月15日まで新型コロナウィルスの感染者数は114人・死者1人。タイ人に言わせると、タイは雑菌の宝庫だけに人々の免疫力が強いのではないかとのこと。ただし、22日時点では感染者数は599人に増えた。

 第三に、米S&P500指数が2月12日高値から3月18日まで約3割下落、日経平均も同期間に同じく約3割%下落したが、東証REIT指数は2月21日の直近高値から3月19日まで約5割下落。利回りの高いREITの方が、株式市場より暴落するのはあまり見られないこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る