山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

幻のTOBが意識されて…旧ドン・キホーテHDに買いシグナル

公開日: 更新日:

 世界の株式市場は先週、リーマン・ショック級の大暴落に見舞われた。ただ、感染源の中国だけは、国内の感染拡大が終息しつつあることを追い風に、急落を免れている。中国株はこと新型コロナウイルスに関しては、免疫力がついてきたようだ。

 その反対に、免疫力が弱い日本や欧州の株式市場は底値模索が続く。1月まで史上最高値を更新し続けていた米国株も、投機筋の空売り攻勢の前に、なす術なく暴落している。

 当面、主要国は金融当局が連携して、量的緩和や利下げなどで協調態勢を敷くしかないだろう。リーマン・ショック時のような金融システム危機を防ぐには、株式や社債、ローン担保証券(CLO)などのリスク資産を躊躇せず購入するような常識外れの量的緩和が必要かもしれない。

 こんな状況で個別銘柄を取り上げるのは気が引けるが、今週はドン・キホーテホールディングス(HD)が社名変更したパン・パシフィック・インターナショナルHD(7532=以下PPIH)に注目したい。ポイントは、ファミリーマートが一昨年の資本・業務提携に基づいて、PPIH株を少しずつ買い進めていることだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る