新型コロナ感染拡大が新卒者を直撃「内定取り消し」の悪夢

公開日: 更新日:

 終息の兆しが見えない新型コロナウイルスの感染拡大が、4月からの就職を控えた新卒者を直撃し始めた。東日本大震災の直後でも見られた「内定取り消し」だ。

 9日の参院予算委でも内定取り消しの事案が取り沙汰され、加藤厚労相は現時点で「(内定取り消しが)1件ある」ことを認めていたが、真偽はともかく、ネット上には内定取り消しを嘆く声の書き込みが増え始めた。

<コロナのせいで内定取り消しになった>

<ほとぼりが冷めればまた声かけるとは言われているけれど、4月入社は無くなった>

<コロナ てめぇのせいで内定取り消しになったぞ>

 1995年1月の阪神・淡路大震災の直後も、雇用環境は一気に悪化した。4月に入社予定だった大学生と高校生で、内定取り消しとなった学生は全国で512人となり、前年(109人)に比べ4倍以上に急増。2011年3月の東日本大震災直後にも同様の現象がみられ、当時の厚労省の調査によると、内定取り消しは121事業所で計416人、入職時期の繰り下げは266事業所で計2366人に達した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  3. 3

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  6. 6

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  7. 7

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  8. 8

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  9. 9

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  10. 10

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

もっと見る