日下部理絵
著者のコラム一覧
日下部理絵マンショントレンド評論家

2001年実施の第1回マンション管理士試験に合格。維持管理の側面から既存マンションの実態に精通する。テレビ・ラジオなどのメディア、講演会・セミナーでも活躍中。著書に「マイホームは価値ある中古マンションを買いなさい!」(ダイヤモンド社)、「『負動産』マンションを『富動産』に変えるプロ技」(小学館)など多数。

中古マンションをいま購入すべき「5つの理由」

公開日: 更新日:

 マイホームは人生で一番高い買い物。購入か賃貸かで悩む人も多い。大地震や転勤、はたまたリストラなど、買うことが大きなリスクにつながることもある。しかし、老後の安心が手に入ると考えれば、購入への決断も難しくないのではないか。マンションの専門家がすすめるのは価値ある中古マンションだ。

■価格が安い

 築年数にもよるが同程度の立地の場合、新築より1~5割程度価格が安い。首都圏では新築と比べて平均成約価格で2000万円以上の差が出ている。将来的に転売や賃貸する可能性があるなら資産価値が維持されやすい「利便性が良く、値下がり率の低い都心部」の中古を買うのは賢い選択だ。少しでも価格を抑えたいなら「都心から離れた郊外」がおすすめ。またバブル期に建築され、新築時は高根の花だった物件も今では値下がりし、手が届く可能性も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る