日下部理絵
著者のコラム一覧
日下部理絵マンショントレンド評論家

2001年実施の第1回マンション管理士試験に合格。維持管理の側面から既存マンションの実態に精通する。テレビ・ラジオなどのメディア、講演会・セミナーでも活躍中。著書に「マイホームは価値ある中古マンションを買いなさい!」(ダイヤモンド社)、「『負動産』マンションを『富動産』に変えるプロ技」(小学館)など多数。

中古マンションをいま購入すべき「5つの理由」

公開日: 更新日:

 マイホームは人生で一番高い買い物。購入か賃貸かで悩む人も多い。大地震や転勤、はたまたリストラなど、買うことが大きなリスクにつながることもある。しかし、老後の安心が手に入ると考えれば、購入への決断も難しくないのではないか。マンションの専門家がすすめるのは価値ある中古マンションだ。

■価格が安い

 築年数にもよるが同程度の立地の場合、新築より1~5割程度価格が安い。首都圏では新築と比べて平均成約価格で2000万円以上の差が出ている。将来的に転売や賃貸する可能性があるなら資産価値が維持されやすい「利便性が良く、値下がり率の低い都心部」の中古を買うのは賢い選択だ。少しでも価格を抑えたいなら「都心から離れた郊外」がおすすめ。またバブル期に建築され、新築時は高根の花だった物件も今では値下がりし、手が届く可能性も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  6. 6

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  7. 7

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  8. 8

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

もっと見る