REIT市場の暴落と在宅勤務が不動産市場にもたらす影響とは

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスによる外出やイベントの自粛、サプライチェーンの停滞を引き金に、株式市場が大暴落している。あらゆる資産が換金売りされている中、REIT(不動産投資信託)の中には、この短期間で50%以上下落したものもあり、売りが続く印象は拭えないREITの主な投資先は、オフィス、ホテル、賃貸住宅、物流倉庫だが、この暴落が日本の不動産市場の行方をあぶり出しているという。

■これから需要が減るのはホテルかオフィスか

「物流に関してはネット通販の利用増によって全国で拠点が増加傾向ですが、需要が大幅に減ることはないでしょう。インバウンド(訪日客)は2月が60%近く減少し、3月はそれを上回るはずで観光需要がすぐに戻るとは考えにくい。終息すれば都市部を中心に供給過多といわれる宿泊施設もある程度戻ると思います。物流、ホテルより危惧されているのがオフィスです。ここ数年、都心を中心に大型オフィスの供給が続いたにもかかわらず、平均賃料は高止まりし2%を下回る空室率で極めて好調でした。しかし今後、在宅勤務が定着すれば、オフィスは必要最低限でいいという流れになるからです」(不動産コンサルタント)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る