コロナ禍は無関係?史上最高67億円マンション販売に驚愕

公開日: 更新日:

 新型コロナ禍の折、とんでもない超豪華億ションが密かに販売されている。最高価格の部屋は627平方メートルというベラボーな広さで、ナント67億6000万円台。国内では過去に55億円のマンションが販売されたことがあるが、67億円は史上最高額だ。

 物件があるのは東京・原宿。地下鉄の明治神宮前駅から徒歩2~3分で、ファッションビル「ラフォーレ原宿」の裏、表参道から少し脇に入ったところだ。隣は美術館で、表通りの喧騒から離れ、日曜でも比較的静かだった。かつて日本銀行の寮があった土地だ。

 工事現場に掲げられている「建築計画のお知らせ」や販売パンフレットなどによると、正式名称「マーク表参道ワン」というそのマンションは来年11月に完成予定。敷地面積2410平方メートル、地上4階地下1階で、部屋は14戸。67億円の他、303平方メートルで17億7000万円台の部屋もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

もっと見る