「国家安全維持法」が成立…香港進出日本企業1400社の憂鬱

公開日: 更新日:

 中国で香港の統制を強化する「香港国家安全維持法」が成立し、一国二制度の下で事業展開してきた日本企業は「自由で開かれた体制」が脅かされると警戒している。金融センターとしての先行きは不透明で、米中対立による混乱を懸念する声も聞かれる。

 日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、香港に進出する日本企業は1400社余り(2019年)と中国企業に次ぐ多さだ。

 国家安全法は反政府活動を中国政府が直接取り締まるのが目的。これに関連し、日本総研の野木森稔副主任研究員は、「中国政府に企業活動の情報が筒抜けになる恐れもあり、不透明感が高まる中で企業は事業の見直しを迫られる」とみる。

 ただ、同法については「具体的な統制内容が分からないので、何とも言えない」(ソニー)と様子見の企業も多い。

 販売会社を置くキヤノンの関係者は、「香港が完全に中国に組み込まれれば(事業に)影響があるかもしれないが、長い目で見る必要がある」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る