チーズにハンドバック…関税撤廃で英国製品ブーム到来か

公開日: 更新日:

 今年1月末でEUを離脱し、現在移行期間にあるイギリスは、ここにきてEUとの離脱協定を一部修正する法案を提出。それに対して国際法に反するとEUが反発。再び起こった合意なき離脱懸念から、ブレグジット問題で暗雲が垂れ込めている。

 そんな中、日本はイギリスとの間でブレグジット後初のEPA(経済連携協定)の締結に大筋の合意をした。その中身は、先に締結している日本とEU間のEPAに準じている。映画や音楽などのクリエーティブ産業の著作権などの相互保護、金融、ITといったビジネスの促進といった項目のほか、日本の消費者に直接影響してくるのが、関税の撤廃だ。

 イギリスからの輸入の99%で関税がゼロになり、多くのイギリス製品が安くなるという。これによる日本の農水産、畜産品などへの影響を懸念する声もあるが、消費者にとってのメリットは少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る