中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

菅内閣看板は省庁再編 デジタル関連株の取捨選択が始まる

公開日: 更新日:

 菅内閣の看板はデジタル庁の創設。デジタル庁は、行政のデジタル化を推進し、行政手続きの効率化を図るらしい。

 一方、経済産業省は2021年度予算概算要求で、デジタル技術を活用した産業への転換に向け、異分野間のデータ連携支援事業などに20年度当初予算比で2倍となる389億円を計上した。官民挙げて、中国にも遅れた情報通信ネットワークの高度化推進である。

 政府(第2次森内閣)は01年1月にIT戦略本部を設置。「5年以内に世界最先端のIT国家になる」e―Japan戦略を策定するも目立つ成果はなかった。18年6月には「世界最先端デジタル国家創造」を宣言。今回は看板の付け替えだが、過去を知らない人には「新鮮」に見えよう。

 日本銀行は、将来の中央銀行デジタル通貨の発行を見据えて研究体制を拡充している。中国のデジタル人民元やフェイスブックのリブラ(暗号資産)の発行が年内にも想定され、ペーパーマネー不要のキャッシュレスのデジタル社会が到来する。デジタル庁も金融政策に影響を及ぼすかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  4. 4

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  10. 10

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

もっと見る