小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

国際金融都市構想“東京外し”の裏に麻生氏と小池知事の確執

公開日: 更新日:

 香港の政治情勢の混乱や新型コロナウイルス収束後を見据え、海外の金融機関や金融人材を日本に呼び込む「国際金融都市構想」の動きが活発化している。

 自民党の「金融人材等の高度人材受け入れプロジェクトチーム」は、海外の金融人材が日本で働く場合、香港やシンガポールに比べ高い所得税や相続税を減税するほか、在留資格を取得しやすくするなどの規制緩和を検討している。

「香港で個人所得に課される税率は最大17%だが、日本は55%。資産運用で得られた所得に対する課税も香港は非課税だが、日本は20%も課される。この差をなくせるよう年末の税制改正大綱に盛り込みたい」(自民党議員)と意気込む。

 また、高度外国人材を呼び込むためには、家事使用人の要件緩和も検討されている。香港などで暮らす金融人材は高収入であることから複数の家事使用人を雇っているケースが多いが、日本では現行1人の帯同しか認められていない。このため「複数の家事使用人を雇えるよう在留資格制度の改正をしたい」(先の自民党議員)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る