コロナマネーが生んだ日経平均3万円突破 植草一秀氏が解説

公開日: 更新日:

 2月15日、日経平均株価の終値は、前週末比564円08銭高の3万84円15銭とバブル経済期の1990年8月2日以来、約30年半ぶりに3万円の大台に乗せた。年初には2万7258円をつけ、年内には3万円の大台に乗せると言われていたが、早くも実現した。

 庶民の間ではコロナ不況でとても景気がいいとは感じないが、なぜ株価だけは上昇しているのか。政治経済評論家の植草一秀氏に聞いた。

■東アジア市場はすでにコロナ前を上回る

「マクロ的にみれば日経平均3万円は不自然ではありません。コロナの暴落幅に対するその後の株価の反発率をみると東アジアが突出して大きいんです。中国、韓国は200%を超え、下落の幅の2倍以上上昇しています。日本は180%くらいなので東アジアのなかでは出遅れている方です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る