菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

公開日: 更新日:

 これで幕引きとはいかないだろう。

 武田良太総務相は19日の記者会見で、放送事業会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男から接待を受けていた秋本芳徳情報流通行政局長と湯本博信官房審議官を20日付で官房付に異動させると発表した。

【写真】この記事の関連写真を見る(24枚)

 武田大臣は19日の衆院予算委で、「国民の疑念を招く事態となり深くおわびする」と陳謝。異動の理由について「法案審議などが控える中、諸情勢を鑑み、適所適材の配置として行うもの」と説明していたが、事実上の更迭だ。

 この日の予算委で、秋本氏は「記憶にない」としていた長男と会食中の衛星放送事業に関する話題について、「今となってはあったのだろう」と一転して認めていたが、この発言は虚偽答弁以上に深い意味がある。贈収賄事件の可能性だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  2. 2

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  7. 7

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

もっと見る