ハイテク銘柄暴落で個人投資家は大打撃! インフレ抑制策で株価は今後どうなる?

公開日: 更新日:

 貯蓄から投資に向かった投資家は大きな痛手だ。ハイテク銘柄が世界中で下落している。個人に人気のハイテク関連指数である米国のナスダック総合は昨年11月の最高値からおよそ27%、東証マザーズに至っては60%近い大幅下落に見舞われている。

 現在の株式市場について「下落局面では持ちこたえられる人ほど損をするようになっていて、買い下がると余計にやられるもの」と話す経済評論家の杉村富生氏に今後を見通してもらおう──。

 コロナショック後に猛烈な金融緩和によってマネーが供給される中、成長期待でPER(株価収益率)500倍、1000倍まで買われた銘柄もあったが、コンテンツ配信サービス「ネットフリックス」などは大きく売られている。

「成長シナリオが崩れた時に売られるのは当然のことです。カネ余りの時はハイテクや小型成長株の収益力の弱さは容認されていましたが、インフレ抑制のためにFRB(米連邦準備制度理事会)が利上げとともにQT(量的引き締め)に政策転換する中、投資尺度がないほどまでに買われてきた銘柄ほど、株価が急落するのはさもありなんでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?