“血の粛清”に 習近平激怒 「中朝戦争」秒読みの恐怖

公開日: 更新日:

 国際社会に衝撃を与えた北朝鮮の粛清処刑。その背景を探ると、ぞっとするものが見えてくる。ズバリ、金正恩体制はもう持たない。ハードランディングで体制が崩れた場合、北朝鮮と中国の間で「戦争」が現実味を帯びてくるのだ。

 北朝鮮は13日、金正恩第1書記の叔父にあたる張成沢・前国防副委員長を死刑にしたことを発表した。

 理由は「クーデターの企てを白状」など多岐にわたっていたが、異例なのは北朝鮮がそれを公表し、内外に処刑をPRしたことだ。

 韓国の聯合ニュースによれば、公開処刑は金日成政権下で1950年代に行われた朴憲永副首相以来で、恐怖政治を見せつけることによって、体制を強化する狙いがあったとみられている。しかし、これは逆効果で、かえって、金正恩体制の不安定さを内外に露呈することになった。そこで、にわかに浮上してきたのが「金正恩体制の限界」「早期崩壊説」なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  6. 6

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  7. 7

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る