パーティーシーズン ああ勘違い「平服」は「普段着」じゃない

公開日:  更新日:

 年末はパーティーシーズン。付き合いのある外資系企業のクリスマスパーティーにお呼ばれなんて方もいるのでは?
 招待状にドレスコードが明記されているなら、従う必要があります。「平服で」という指示は「普段着で」の意味ではありません。「礼服ではない平服」、つまりダークスーツのこと。礼服を着るほどかしこまらなくていいですよ、の意味です。結婚式の一般客などはこのパターンです。

■格式によってタキシードが必要な場合も

 最近よく見られるのが「スマートカジュアルで」の指示。これも全くのカジュアルではなく、「スーツではない程度のスマートな服」。つまり、ノーネクタイでもいいけれど、ジャケットは最低限着て来て下さいよ、の意味です。特に指示がなくても、会場がレストランなら最低限これくらいの格好をしていくのがエチケットです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る