パーティーシーズン ああ勘違い「平服」は「普段着」じゃない

公開日: 更新日:

 年末はパーティーシーズン。付き合いのある外資系企業のクリスマスパーティーにお呼ばれなんて方もいるのでは?
 招待状にドレスコードが明記されているなら、従う必要があります。「平服で」という指示は「普段着で」の意味ではありません。「礼服ではない平服」、つまりダークスーツのこと。礼服を着るほどかしこまらなくていいですよ、の意味です。結婚式の一般客などはこのパターンです。

■格式によってタキシードが必要な場合も

 最近よく見られるのが「スマートカジュアルで」の指示。これも全くのカジュアルではなく、「スーツではない程度のスマートな服」。つまり、ノーネクタイでもいいけれど、ジャケットは最低限着て来て下さいよ、の意味です。特に指示がなくても、会場がレストランなら最低限これくらいの格好をしていくのがエチケットです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る