パーティーシーズン ああ勘違い「平服」は「普段着」じゃない

公開日:  更新日:

 年末はパーティーシーズン。付き合いのある外資系企業のクリスマスパーティーにお呼ばれなんて方もいるのでは?
 招待状にドレスコードが明記されているなら、従う必要があります。「平服で」という指示は「普段着で」の意味ではありません。「礼服ではない平服」、つまりダークスーツのこと。礼服を着るほどかしこまらなくていいですよ、の意味です。結婚式の一般客などはこのパターンです。

■格式によってタキシードが必要な場合も

 最近よく見られるのが「スマートカジュアルで」の指示。これも全くのカジュアルではなく、「スーツではない程度のスマートな服」。つまり、ノーネクタイでもいいけれど、ジャケットは最低限着て来て下さいよ、の意味です。特に指示がなくても、会場がレストランなら最低限これくらいの格好をしていくのがエチケットです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る