会長だけ辞任…みずほ銀行「人事抗争」さらにドロ沼化

公開日: 更新日:

 みずほFGは、金融庁の追加処分を受け、来年3月末付で塚本隆史会長(63)の引責辞任を決めた。塚本氏は11月に暴力団融資問題の責任を取る形で、傘下のみずほ銀行会長職も辞めている。

「社内処分が甘いという批判をかわすため、今回も塚本会長が詰め腹を切らされた。一方、佐藤康博社長(61)は続投する。厚顔ぶりは相当です」(金融関係者)

 わずか3カ月で2度の処分を受けたというのに、名実ともにみずほグループトップである佐藤社長は、自身の無報酬期間を半年から1年に延長させることでお茶を濁した。26日の会見でも、「ガバナンスの強化に取り組みたい」と話し、辞任する考えがないことをあらためて強調した。

「旧第一勧銀出身の塚本氏ばかりに責任を押し付けている印象を受けます。こうなると、みずほの“負の遺産”である旧行意識が一段と強くなる。佐藤社長の出身母体である旧興銀は、してやったりでも、旧富士銀と旧一勧は面白くない。人事抗争が激しくなる恐れがあります」(銀行関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る