当選会見も欠席 橋下大阪市長vsメディア“不毛対決”の異様さ

公開日: 更新日:

 異例ずくめの選挙だった。橋下徹VS.泡沫候補の戦いとなった大阪市長選は、23日、23.59%という過去最低の投票率の末、橋下が37万票で圧勝した。しかし、当確が出ても大阪維新の会の事務所に橋下は現れず、代わりに幹事長の松井一郎府知事が会見。「メディアが選挙戦をきちんと報じてくれなかったから」というのが理由らしい。子どものケンカじゃあるまいし、あまりに幼稚だ。

 維新の府議のひとりがこう言う。

「メディアはとにかく我々の主張をマトモに伝えてくれない。有権者からの質問を受ける形でやったタウンミーティングは結構、人が集まっていた。都構想についての理解も少しは深まったと思います。過去最低の投票率になったのは、野党が<棄権して>と呼びかけていたこともある。政治家が<投票に行かないで>と言うなんて信じられません。だったら野党は対立候補を立てればよかった。しかし、野党と一緒に橋下バッシングをしているメディアは、そこは責めないのです。もっとも、橋下さんがメディアを敵に回しすぎた面も否めませんが…」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  4. 4

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  5. 5

    何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

  6. 6

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  7. 7

    しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

  8. 8

    問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    広瀬すずも「のん」の二の舞か…ギャラ“最高”も尽きぬ不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る