改修なら半額 建築界“ノーベル”も新国立競技場に「待った」

公開日:  更新日:

「今の競技場を改修するのが一番いい」――。
 総工費1692億円と巨額の建設費が見込まれている国立競技場の建て替え計画に、建築界の“ノーベル賞”受賞者も「待った」だ。
 環境面やコスト面で「壮大なムダ」と批判が噴出している新国立競技場の建て替え計画に異論を唱えたのは、昨年、プリツカー賞を受賞した建築家の伊東豊雄氏(72)。12日、都内で会見し、競技場の「新築」を見直し、「改修」するべきとの私案を公表した。

■ハサミと足をもぎ取られたカニ

 伊東氏は、採用が決まっているザハ・ハディド氏の新国立競技場建て替え案について、当初の計画が見直された結果、外形について「カニがハサミと足をもぎ取られて縮こまっているように見える」と言い、「コンペをやり直すのが一番いいが、時間的に無理なら国立競技場を改修するのがいいと思う」と主張した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る