上昇率10%超が続々…「W杯関連銘柄」はもっと上がる!

公開日:  更新日:

 株式市場もブラジルW杯開幕に向け盛り上がってきた。日経平均は6月に入り1万5000円台を回復したものの、ここ数日は伸び悩んでいる。市場関係者は、「1万6000円に乗せるには、日本代表の活躍が欠かせない」という。

 松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏も言う。
「W杯の関連銘柄は上昇傾向にあります。試合観戦にピッタリの4Kテレビを扱う家電メーカーや広告関連の電通、スポーツ用品メーカーなどです」

 日本代表メンバーが発表された先月中旬、日刊ゲンダイは「今すぐ仕込むW杯39銘柄」を掲載した(別表の黄色の網掛け)。掲載時(5月13日終値)と、9日の株価を比較したところ、39銘柄のうち36銘柄が上昇。しかも、ネット広告代理店のデジタル・アドバタイジングやセプテーニHD、スナック菓子のカルビー、ポータルサイトのヤフーなど28銘柄は、同期間の日経平均の上昇率4.8%を上回る好成績だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る