1カ月の短期決戦 今すぐ仕込む「W杯39銘柄」はこれだ!

公開日: 更新日:

定番3業種は「スポーツ用品」「テレビメーカー」「放送局」

 普段はサッカーに関心のない人もこれだけは観戦するというのがW杯。日本代表メンバーが発表された今月12日は、FW大久保嘉人のサプライズ選出が発表されると、所属する川崎フロンターレのスポンサー、富士通の株価が上昇した。来月12日の開幕まであと1カ月。短期決戦で狙う株は?

「関連業界の三本柱は、『スポーツ用品』『テレビメーカー』『放送局・広告代理店』です」と言うのは、松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏。この3業界はいわばW杯銘柄の“定番”だ。4年前の南ア大会の日本戦の視聴率が40%超で、今回も同程度が期待されている。3業界は、最も広告・宣伝効果を得られそうなのだ。

「消費増税でテレビ販売が伸び悩んでいます。W杯効果でそれが払拭されるのかどうか」(窪田氏)

 さて株は、ここからが連想ゲームだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る