期間限定バブル相場 海外勢が狙う“この銘柄”に乗れ!

公開日: 更新日:

 日経平均は29日まで6日続伸し、1万5000円台回復も視野に入ってきた。
「この間の上げ幅は640円程度ですが、今年初の6連騰で相場のムードは好転しています。12年秋に始まった安倍バブルの再現を予想する声も出てきました」(市場関係者)

 千載一遇の大相場が到来するかもしれないのだ。松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏が言う。

「今回の株高は、国内の機関投資家が牽引しています。5月第4週の売買動向を見ると、海外勢は売り越しているのに、国内は買い越しでした。しかも信託銀行が大幅に買い越しています。信託経由で大量に注文を出す機関投資家が存在するということです」

 信託経由で株を買うのは、年金基金(GPIF=年金積立金管理運用独立行政法人)や日本郵政のかんぽ生命、日銀など。「政府のPKO(株価維持策)が発動した可能性が高い」(証券アナリスト)ともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る