闘病の小松前長官死去 解釈改憲の砦にした安倍官邸の異常

公開日:  更新日:

 がんで闘病中だった小松一郎・前内閣法制局長官が23日、都内の自宅で死去した。63歳だった。

 今年1月にがん治療のため入院。2月にいったん復職したが、先月15日、安保法制懇の報告書を受けた安倍首相が、解釈改憲を“宣言”した当日に長官を辞任。自宅療養を続けていた。

「安倍総理の“盟友”とも呼べる存在でした。早朝、秘書官を通じて訃報を聞いた総理は、<小松さんの死を決して無駄にしない>と、集団的自衛権行使の決意を新たにしたそうです」(官邸関係者)

 小松氏は昨年8月、フランス大使から法制局長官に就任。異例の人事だった。安倍首相が集団的自衛権の行使容認のため、内部昇格の慣例を破って外務省から引っ張ってきたのだ。
 バリバリの行使容認派で、第1次安倍政権でも、当時の外務省国際法局長として、安倍首相の私的諮問機関である「安保法制懇」の立案実務に関わった。いま議論になっている集団的自衛権行使の「4類型」で、理論的な基礎を築いたのも小松氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る