安倍首相のために一役? ゴッドマザー訪蒙に渦巻く思惑

公開日:  更新日:

 安倍政権にとって支持率回復の数少ない“切り札”が拉致問題の進展だ。古屋拉致担当相が先月29日、拉致問題連絡協議会の会合で明らかにしたように、北朝鮮が拉致被害者の再調査結果を「8月末か9月初め」に出してくる見通し。安倍首相は、それに合わせ自ら訪朝し、被害者と帰国する“パフォーマンス”をいまだ諦めていない。

 そんな息子を少しでもサポートしたいということなのか、ついにあの「ゴッドマザー」までもが表舞台に出て、一肌脱ぐという仰天情報が浮上している。

「安倍首相の母親の洋子さんが今月18日からモンゴルを訪問するというのです。日本とモンゴルの文化交流40周年記念事業として書道展が開かれるのですが、それに参加するそうです。政治とは関係ない親善交流ということですが、同じ時期に、日本・モンゴル友好議連の国会議員も訪蒙する。自民党の拉致問題対策本部長の山谷えり子参院議員も行く。モンゴルといえば、北朝鮮と友好関係にあり、今年3月、横田滋さん夫妻が孫のキム・ウンギョンさんと面会した国です。安倍首相とモンゴルのエルベグドルジ大統領とは就任以来4度も会う仲。そのうちの1回は富ケ谷の自宅で会っています。それで、洋子さんの訪問が、拉致問題解決の“後押し”になるのではないかとみられているのです」(自民党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る