各地で水害多発 浸水に備える「住宅総合保険」「新型保険」

公開日:  更新日:

 日本各地で大雨の被害が相次いでいる。京都の福知山市では2400世帯超が浸水被害に遭い、広島市では死者行方不明者40人以上という大惨禍に見舞われた。ここ数年、各地で異常気象が続くが、中でも多いのが水災被害だ。こうした自然災害で最悪の状況に追い込まれた時、心強い“助っ人”になるのが火災保険。名前こそ「火災」だが、洪水や高潮などの水災(津波は対象外)も、一部損害を補償してくれる。

「一般的な『住宅総合保険』の場合は、損害の程度に応じて損害額(あるいは契約額の低い方)の最高70%まで補償されます。もちろん、保険対象には家屋のほか、テレビ、家具、衣類などの家財も含まれます。それ以上の補償を求められるのなら、損保各社の“新型保険”に加入することをお勧めします。中には100%補償されるタイプもあります」(日本損害保険協会担当者)

■補償の有無は「床上浸水」かどうか

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る