日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

GPIF株式購入10兆円 露骨な「官製相場」に市場が警鐘

 内閣改造は“株価操作”も目的だった――。市場の動きを見ると、それがよく分かる。

 GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)改革に前向きな塩崎恭久氏が厚労相に就いたことで、市場はGPIFによる株式の大量買いの本格化を予想している。就任観測の流れた2日、日経平均は一時260円高をつけ、改造当日は年初来高値に迫る1万5800円まで上昇した。

「しばらく株価アップの流れは止まらないでしょう。年内に1万7000円を固め、1万8000円をうかがう展開もあり得ます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 GPIFは世界最大級の機関投資家だ。運用資産は約127兆円。現在、株式保有比率は12%(許容範囲はプラスマイナス6%)だが、20%まで高める改革案が浮上し、塩崎厚労相は積極派だ。就任後の会見でも、「国債に偏っていた投資を分散させることで、安全で効率的に運用することが必要」と、株式の買い増しをにおわせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事