GPIFにも“お友達” 安倍官邸「国民資産」乗っ取り計画

公開日: 更新日:

 日銀を手下におさめた安倍官邸が、次の乗っ取りを画策している。ターゲットは、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)だ。

 4月半ば、麻生財務相が「6月以降にGPIFに動きが出てくる」と発言し、GPIFによる日本株の大量買いをにおわせた。GPIFは厚生年金と国民年金を合わせた約130兆円もの資産を運用する世界最大の年金基金だ。今は約55%を国債で運用し、日本株の比率は17%程度だが、仮に日本株の枠を倍にすれば、22兆円が新たに株式市場に流れることになる。

「ところが、監督官庁の厚労省は<投資に失敗すれば責任を押し付けられる>と及び腰だし、GPIFの三谷理事長も運用委員会も日本株の投資枠拡大には慎重でした。そこで、官邸はGPIFの運用委員を総取っ換えする作戦に出た。任期切れの運用委員を再任せず、積極派を委員にして、理事長を封じ込めるつもりです」(GPIF関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る