• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「夏の終わり」がズレ込み…拉致被害者は本当に帰国するのか

 拉致被害者の調査報告の日程がなかなかハッキリしない。2カ月前の日朝協議では「夏の終わりから秋の初め」で合意したはず。すっかり肌寒くなっても、被害者家族を待たせるだけで、7日TV出演した山谷拉致相は「9月中にはと考えています」と今月末にズレ込むような発言。岸田外相は「具体的なことは何も決まっていない」とお茶を濁した。

「もともと9月第2週を想定していましたが、いまは第3週以降という話になってきています。第4週という見方もあり、本当に9月中に出てくるのかどうか」(永田町関係者)

「私が最後の拉致担当相になる」と威勢がよかった古屋前大臣が改造でアッサリ交代したことも、「この問題の雲行きの怪しさを示している」(自民党関係者)という見方を強めている。

■憶測を呼ぶ「不明者」追加

 コリア・レポート編集長の辺真一氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る