「夏の終わり」がズレ込み…拉致被害者は本当に帰国するのか

公開日: 更新日:

 拉致被害者の調査報告の日程がなかなかハッキリしない。2カ月前の日朝協議では「夏の終わりから秋の初め」で合意したはず。すっかり肌寒くなっても、被害者家族を待たせるだけで、7日TV出演した山谷拉致相は「9月中にはと考えています」と今月末にズレ込むような発言。岸田外相は「具体的なことは何も決まっていない」とお茶を濁した。

「もともと9月第2週を想定していましたが、いまは第3週以降という話になってきています。第4週という見方もあり、本当に9月中に出てくるのかどうか」(永田町関係者)

「私が最後の拉致担当相になる」と威勢がよかった古屋前大臣が改造でアッサリ交代したことも、「この問題の雲行きの怪しさを示している」(自民党関係者)という見方を強めている。

■憶測を呼ぶ「不明者」追加

 コリア・レポート編集長の辺真一氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  10. 10

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る