橋下氏「出馬断念」ほぼ影響なし…大阪19選挙区はこうなる

公開日:  更新日:

 12月14日の投開票。橋下徹大阪市長と松井一郎大阪府知事が出馬を断念した大阪は激変するのか。ジャーナリストの吉富有治氏は「出馬断念の影響はそれほどでもない。もともと、橋下人気には陰りが見えていたから」とこう言った。

「橋下さんが衆院選への出馬を断念した理由は4つあります。自分が公明党の現職・佐藤茂樹氏がいる3区に、松井氏が北側一雄氏の16区に出れば、公明党は泡を食って、大阪都構想に協力すると思っていたら、まったく思惑が外れたんです。そこにもってきて、情勢調査が芳しくなく、自信が揺らいだこともあるでしょう。維新の府議会議員、市議会議員が『いま大阪を投げ出せば、統一地方選で戦えない』と猛反発していたうえに、自分が衆院に鞍替えした後の市長、府知事候補が見当たらなかったという事情もある。つまり、橋下さんの影響力は相当低下していて、出馬断念に追い込まれたのが真相です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る