激戦区の雌雄決す みんな解党で宙浮いた280万票争奪戦

公開日: 更新日:

「果たして、どちらに流れるのか」――。与野党の選対関係者が“宙に浮いた280万票”の行方に気を揉んでいる。

 スッタモンダの末に解党した、みんなの党。「第三極」を標榜した前回総選挙では全国65選挙区に候補を擁立した。比例復活を含めて当選した18人は、この2年で四分五裂。今度は維新や民主、あるいは無所属で出るが、前回落選した候補は、ほぼ出馬を見送った。実に46選挙区で旧みんな候補が消えることになる。

「前回、みんなの65選挙区での総得票数が約280万票という数字です。落選候補でも2万~5万票を得ていた。今度の選挙で『自民vs野党』が僅差で争う激戦区では、旧みんな票の行方が雌雄を決しそうです」(選対関係者)

■みんな票上乗せでオセロ現象

 前回の選挙結果を分析すると、次点の野党候補に旧みんな票を上乗せしただけで、自民候補を逆転できたのは24選挙区に上る(別表)。自民の顔ぶれは伊吹文明衆院議長や西川・上川両大臣のほか、副大臣クラスもゴロゴロいる。それだけに与野党とも旧みんな票の取り込みに躍起だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る