• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

町村氏の議長辞任で安倍首相が狙う「派閥拡大」と「10年支配」

 体調を崩していた町村信孝氏(70)が、衆院議長を辞任した。町村氏は14日夜に入院し、16日、17日の本会議を欠席。検査の結果、軽い脳梗塞が起きていたという。町村氏は2012年9月の総裁選中にも体調を悪化させて入院し、「軽い脳梗塞」と診断されていた。

 後任は、大島理森・前副総裁(68)に決まった。

「辞任表明が20日になったのは、安倍首相の都合でしょう。首相は21日、外遊に出発するので、その前に議長人事を決着させたかった。後任人事も首相主導です。当選回数15回という最長老の野田毅・税調会長の名前も挙がったが、総理は自分を見下している野田さんが好きじゃない。三権の長に就ける気はなかったのでしょう。大島さんなら、公明党や野党に広い人脈を持っているので、大荒れ必至の後半国会も乗り切れると判断したのでしょう」(官邸関係者)

 町村氏が2度目の脳梗塞を起こしたことで、最大派閥の“町村派”が、すんなり“安倍派”に移行するのは確実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る