町村氏の議長辞任で安倍首相が狙う「派閥拡大」と「10年支配」

公開日: 更新日:

 体調を崩していた町村信孝氏(70)が、衆院議長を辞任した。町村氏は14日夜に入院し、16日、17日の本会議を欠席。検査の結果、軽い脳梗塞が起きていたという。町村氏は2012年9月の総裁選中にも体調を悪化させて入院し、「軽い脳梗塞」と診断されていた。

 後任は、大島理森・前副総裁(68)に決まった。

「辞任表明が20日になったのは、安倍首相の都合でしょう。首相は21日、外遊に出発するので、その前に議長人事を決着させたかった。後任人事も首相主導です。当選回数15回という最長老の野田毅・税調会長の名前も挙がったが、総理は自分を見下している野田さんが好きじゃない。三権の長に就ける気はなかったのでしょう。大島さんなら、公明党や野党に広い人脈を持っているので、大荒れ必至の後半国会も乗り切れると判断したのでしょう」(官邸関係者)

 町村氏が2度目の脳梗塞を起こしたことで、最大派閥の“町村派”が、すんなり“安倍派”に移行するのは確実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る