区議選サラリーマン候補提案 「土日夜間議会」のメリットとは

公開日: 更新日:

「普通に働く人を議会に届けたい」――。

 22日、JR秋葉原駅前の街頭でこう訴えたのは、東京・千代田区議選に立候補した「土日夜間議会改革」のメンバーだ。

 仕事で忙しいサラリーマンたちでも政治に参加できるよう、土日や夜間に議会を開くことを促す。それがこの団体の設立趣旨だ。

 千代田区議選に立候補した3人は、いずれも仕事をこなしながら選挙活動をしている。メンバーのひとり、深水英一郎候補はこう話す。

「千代田区だと、議会が開かれるのは年間90日ほどです。区議1人当たりの報酬は約1300万円で、時給に換算すると6万7000円にもなります。兼業議員が一般化すれば、この高額議員報酬を半分以下にできる。そのことをまず日本の中心である千代田区から実現したい。これまで地方議員は、サラリーマンとはかけ離れた存在でしたが、私のような普通の人でも政治家になれることを示せたらと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る