区議選サラリーマン候補提案 「土日夜間議会」のメリットとは

公開日:  更新日:

「普通に働く人を議会に届けたい」――。

 22日、JR秋葉原駅前の街頭でこう訴えたのは、東京・千代田区議選に立候補した「土日夜間議会改革」のメンバーだ。

 仕事で忙しいサラリーマンたちでも政治に参加できるよう、土日や夜間に議会を開くことを促す。それがこの団体の設立趣旨だ。

 千代田区議選に立候補した3人は、いずれも仕事をこなしながら選挙活動をしている。メンバーのひとり、深水英一郎候補はこう話す。

「千代田区だと、議会が開かれるのは年間90日ほどです。区議1人当たりの報酬は約1300万円で、時給に換算すると6万7000円にもなります。兼業議員が一般化すれば、この高額議員報酬を半分以下にできる。そのことをまず日本の中心である千代田区から実現したい。これまで地方議員は、サラリーマンとはかけ離れた存在でしたが、私のような普通の人でも政治家になれることを示せたらと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る