年金情報流出 今度はお詫び文書で“詐欺をアシスト”のお粗末

公開日:  更新日:

 まるで緊張感なし。完全にたるみきっているようだ。約125万件の個人情報を流出させた「漏れた年金」問題で、日本年金機構の“不手際”が次々と発覚している。

 まず問題なのは、機構が3日に約9000人、4日に約7000人に送付した「お詫び文書」だ。個人情報流出のお詫びとともに、基礎年金番号の変更を知らせるものだが、その文面が大問題だった。

〈安全を期すため該当するお客様には基礎年金番号を変更させていただきます。大変ご不便をおかけしますが、改めてご連絡申し上げますので、お待ち下さい〉

 これを受け取った人はどう思うのか。「この後、年金機構から電話でもくるのかな」とカン違いする人も多いのでは? 実際には、次は新しい基礎年金番号を郵送するとのこと。だったら、「郵送」の文言を入れるべきだろう。機構を装った詐欺集団が「先日お手紙した件ですが……」と言ってアプローチしてくれば、被害を防ぐのは難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る