許されるのか 年金情報流出の“後始末”に国民負担「年50億円」

公開日: 更新日:

 こんなフザケた話があっていいのか。日本年金機構から約125万件の個人情報が流出した「漏れた年金」問題。その“後始末”で莫大な費用が発生している。その額はなんと“年間50億円”。情報が流出した上、その対策費用まで国民が負担する――。こんな事態を許すわけにはいかない。

■電話オペレーター増員、お詫び文書送付

 全国各地で不審な電話が相次ぐ中、日本年金機構には問い合わせが殺到。機構では3日から、電話回線を約10倍に増やした。通常、オペレーターは100人規模だが、現在は約1000人が休日返上で対応にあたっているという。

 求人情報に出ている機構のオペレーターの時給は1050円。現在は午前8時30分から午後9時まで対応中で、1日の労働時間は12時間半。単純計算すると1日当たり、1000人×1050円×12・5時間=1312万5000円のコストが発生していることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    ぐるなびGoTo食事券サイト PR店の上位表示「不公平」の声

もっと見る