日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野党分断の序章か…安倍首相と橋下市長「怪しい会談」の中身

 野党分断の序章になるかもしれない。14日夜、都内で行われた安倍晋三首相と維新の党最高顧問の橋下徹大阪市長の会談。「大阪都構想」に理解を示した安倍首相に橋下市長が謝意を伝えるために面会した――と報じられたが、もちろん、中身はそれだけじゃない。

 安倍首相と橋下市長の会談は13年12月以来。今年5月に大阪都構想が住民投票で否決され、橋下が政界引退を表明してから初めてだ。菅官房長官と維新顧問の松井一郎大阪府知事も同席した場で一体、何が話し合われたのか。

「松井知事が同席したのがポイント」とみるのは、政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏だ。

「松井知事のベクトルは(出身の)自民党に向いている。派遣法改正案をめぐる審議で、維新が急に民主党など他の野党と距離を置き始めたのも、松井知事を通じて維新の『大阪組』に指令が出ているといわれています。おそらく安保法案でも、自民は松井知事を通じて最終的に維新と修正協議で合意する案を探っているのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事